奇跡を信じて・・・膵臓癌ステージ4b

ずっと幸せに暮らしてきて何も大病が無かった4人家族。父が定年過ぎて再雇用でローン返済のため働いていた3年目に膵臓癌発覚。できるだけ長く生きてほしい、生存率5%の不可能に挑戦。

8月10日・・・葬式

(これは8月10日に書いた日記です)

今日は葬式だった。本当にまだ実感がない。あの人がほんとに死んだのか?いまだに「○○(自分の名前)!」って呼んできそうである。
部屋にいると「○○、インターネットできないんだけど」とか、夜2階リビングに来て「おお○○居たのか」など。

祖父母の認知症と違い父親は最後まで頭が鮮明で死にたくないと生きようと必死だった。本当に無念だと思う。そして悔しい。
最後に死にたいと言っていたのはもう100%可能性が無くあとは苦しみが続くだけだからだ。
葬儀は家族葬で数人なのにほんとに豪華だった。嫁は昨日納棺で来たがそれまで他人みたいな素ぶりだったのが実物遺体を見ると一気に泣き出した。
俺もそうだ。もう死んだほうが楽なのでは?と計算上で実際を見ずに答えていたが、実際見るとそんなことは言えないし悲しくなる。
お見舞いに行ってた時もそうだ。だから意図的に自分はあまり会いたくなかった。。でも頻繁に会いに行った。苦しいけど、会わなければ後悔する。
ほんとにあと1回でもいいから死んだあとのことを話してほしい。葬式はこれでよいのか?最後はどうだったのか。。
今までここまで身近な人が亡くなったことが無いので、人生が本当に寂しいし孤独をさらに感じるし、普通の人生を送れなくなった。
今まであの人が主体となってやっていた葬式。。今もあの人に「全部自分でやって」と言いたくなる。。まだ頼っていたのだ。。
色んなことをまだ教えてもらってないし、これから相談したいこともあったのに。。

一番父親が無念だが、残された家族も喪失感がすごい。
俺にはもう父親が居ないんだ。。頼りたいとき、いつも裏方でやってくれたけど、もうそれも頼れない。。
葬式で悲しかったのは「火葬前の最後の顔と面会(嫁は声を出して泣いた)」「ナレーションで出会ったころから今までの話をした時」
特にみんなで最後に食べた食事。。あの人が食べたかっただろうな・・・と言うものが沢山入っていて・・・居てもたっても居られなかった。
父親用に1つお弁当も用意したのに・・・父親は食べられないんだ・・・と実感して・・・最後にみんなでそれを分け合って食べた時も辛かった。
何度も天国から見てるのであれば何か合図をしやすいようにしてるのに一向に何も無い。
怒るようなこと、何かコメントしたくなる話などを振っても何も反応がない。。
父親が死んだということが未だに実感がない。長期で旅行で不在にしてるような感じで。。